×2

新野 伽留那

2019/11/1 – 11/17

新野伽留那の初個展。武蔵野美術大学の卒業制作展にて発表された大作と、紙粘土に絵の具を混ぜた素材を寒冷紗に貼ってつくられた絵で構成された展示。
「壁かけの(額縁)絵画」からの怠惰な離脱運動と、自らの制作を規定する新野の脱力感をまといながらもラディカルな姿勢が一望できる。柱から吊り下げられた大作は表面から染み込んだ絵具が裏面から鑑賞でき、紙粘土でつくられた絵はアナログレコードのA面/B面のように2面で違うイメージが張り付けられ、壁面に対して垂直方向に飛び出すかたちで設置された。


入場料:500円
会場:四谷未確認スタジオ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です